シルビオレイテ氏のスペシャルティコーヒーカッピングセミナー

LINEで送る
Pocket

08/12/16、伝説の14人の1人、
シルビオ・レイテ氏のカッピングセミナーに参加してきました。
今回はカリブレーション形式、
実際のCOEコンペティションの様に、何点から何点の人が何人、
という表を挙手によって作成し、ヘッドジャッジ、トップカッパーの評価とすり合わせを行い、
自分の評価を修正していく形式です。
1回目と2回目のカッピングセッション(午前中)は、
ブラジル08COEの1位、2位、3位のロットと、コマーシャルコーヒー4種の計7サンプルで、
1回目のカリブレーション後、並び/サンプルを変えずにもう一度セッションを行いました。
私のスコアはCOEの順位順1位、2位、3位の順で高得点がつけられたのでひとまず満足、
2回目はそれにプラスして点数/評価基準を合わせました。
before
1回目の表。結構バラツキあり。
表中赤丸はシルビオ氏の分布。私はそこにいたり、1個隣だったり。
昼食をはさんで午後、今度は順番を入れ替えてカッピング。
この回もCOEの順位順、国際審査員平均に近いスコアで終えられたので、
いつもの成果が出た、と、そういうことでしょう。
仲間と偉大な先人の皆様に感謝。
after
あれだけばらついていた表が3回目はこのとおり。
4番がCOE1位、最終的には私は95点つけました。
COEのトップロットは素晴らしいですね!
多様な風味特性、酸味特性にクリーンカップ、ウェルバランスド!!
Top of Top of Top of Topですね。
国内のトップからさらに国内審査員がより分け、国際審査員がふるいにかけ、
そして残った23ロットですからね。
その舞台に、いずれ立ちたいものです。
最後のセッションは今年のブラジルCOEの全ロットのカッピング。
上から採っていきましたが、上位は酸味特性が複雑でフローラル感があり、
抜群のクリーンカップですね。
しかし今年は8位まで88点over、正直美味すぎて違いは微々たるものです。
90点のラインはなんとなく掴めますが・・・
シルビオ氏はじめ講師の先生方、一緒に受講された皆さん、
サポートメンバーの皆様、本当にありがとうございました。
TOKYO TOWER
シルビオ氏の仰っていたことはほとんど全て腹で理解しています。
カッピング技術向上の機会が日常にあるのがありがたく、
素晴らしいことに思えますね!本当に。

3 Comments

  1. kr より:

    SECRET: 0
    PASS: 95c63ecee6f231c1ce982ca1c429b676
    最高です!
    そして最高の環境で学べて善かったです!
    毎日、コツコツと経験をつんでいきましょう。
    毎日しっかりやっていたらいいことはあるはず!

  2. 雨宮1224 より:

    SECRET: 0
    PASS: 1856809757582aabed06a0303a1e30c3
    自信持って手が挙がりますね。
    今回本当、スペシャルティのプロの人が多くて、
    その中である程度採れていることを確認でき、
    それがまたこれからの自信になりました!

  3. やえ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先生!
    お誕生日おめでとうございます(*´∀`)ノ
    ちょっと遅れましたが御祝のご挨拶です(笑)
    ではでは!
    失礼します!!
    また塾でよろしくお願いしますm(._.)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください