2011年9月のコーヒー

LINEで送る
Pocket

2011年9月のコーヒー琥珀色のウタカタ9月はTHE COFFEESHOP丸山珈琲さんからコーヒーを購入しました。


■THE COFFEESHOP
・ブラジル/パイシャオン

このコーヒーはNOZY COFFEEさんによるロースト。
パイシャオン=パッション、
ナッツ、チョコレート、アプリコット、パイン、複雑さのあるフレーバーがあり、
なおかつこのコーヒーの特徴はその質感。厚みがあって滑らかでした。

 

■丸山珈琲
◆グラン・クリュ
・コスタリカ/ラ・カバーニャ
“グレープ、フローラル、チェリーの風味。
シルクの様な舌触りと甘い余韻。”

コスタリカで私の好きな産地、タラスのコーヒー。
リンゴや白ワインのような印象も感じました。
余韻が甘くて素晴らしいコーヒーでした!

 

◆ストレート
・コスタリカ/ブルマス
・グァテマラ/サンペテ
・エチオピア/シダモ・ピーベリー

この中で面白かったのはシダモ・ピーベリー。
“ミルクチョコレート、レッドチェリー、すみれの花など、
時間とともにフレーバーを感じることができるユニークなエチオピア。”

フローラル+チョコレート、というフレーバーは初体験だったかもしれません。
チェリーやピーチ、甘いフルーツ感もあり、
アフリカのコーヒー好きとしてはたまらないコーヒーでした。

グァテマラ/サンペテ、コスタリカ/ブルマスも、とてもよかったです。

 

今年のクロップが続々入ってくるいい季節になりました。
いままでの経験から〇〇の笘凪・のコーヒーは美味しいよね、というざっくりした感覚があるのですが、
今年はその美味しさの質が変化しているように感じます。
もちろんいい意味で、具体的に言うと、“甘さ”です。
今年は、今まで美味しかったコーヒーがとても甘いコーヒーに仕上がっている印象を覚えました。

10月もまた、素晴らしいコーヒーと出会えることでしょう。楽しみです!

Comments are closed.