ネイキッドポルタフィルタ!!

LINEで送る
Pocket

ネイキッドポルタフィルタ!!琥珀色のウタカタセミコマーシャルマシンやコマーシャルマシンを購入するとたいてい、
シングルとダブルのポルタフィルタ、フィルタバスケットが付属しています。
しかし様々な要因から、
シングルフィルタを使う機会はそうそうないユーザーが殆どなのではないでしょうか?
私もその例に漏れず、シングルフィルターを持て余していたのですが、
ネイキッド加工いたします。-ヴォアラ旨珈琲研究所(ヴォアラコーヒーBlog)
ネイキッド加工いたします。-バリスタの味方塾(ヴォアラ竹元さんBlog)
ということで、鹿児島のヴォアラ珈琲さんにコンタクトを取り、ポルタフィルタを送ると、
代引き¥7500でネイキッド加工してもらえる!とのアナウンス!!
たまたま欲しいなぁと思っていた矢先だったのでいそいそとオーダー、
使っていなかったシングルフィルターを送付し、先日自宅に戻ってきました。
じゃん!
Naked1

やはり職人仕事、綺麗に処理されています。
水平にカットされているので、きちんとタンピングで力がかけられます。

また、意外だったのは素材の相性か、グラインダーフォークへの食い付きがいいことです。
そのおかげで滑ったりはせず、ドーシングは思ったよりやりやすいです。
そして何より軽い!ノーマルのポルタフィルタが相当重く感じます。

金属がごっそり削られているので、まぁそれは当たり前のことなのですが、
ネイキッドばかり使っていると、持ち直したときに相当の違和感があったり…(笑)

それでは、抽出してみましょう!!
ぽたり…
Naked2

ぽたり……
Naked3

上の写真の状態は、あまりいい感じではないですね。
均等ではなく、フィルタの周辺部から抽出が始まっている状態になっています。
ネイキッドポルタフィルタ( ボトムレスポルタフィルタ )を使っていると、
エスプレッソの抽出状況が明確に視認できるため、
良い抽出、悪い抽出が、カップやスパウトから見える抽出状態だけでなく、
ポルタフィルタ内部の抽出イメージで正確に捉えられる、というメリットがあります。

最初はそりゃ、もう、飛び散る飛び散る…
抽出速度はほとんどメッシュ(グラインドの粒度)で決まるので、
じゃぁタンピングは何のためにあるの?と疑問に思っていたのですが、
抽出を均等にするためなのだと腹で理解しました。ボトムレス恐るべし。
となると今度はタンパーが気になってくるわけで!!
また新たに、エスプレッソ抽出技術に対する思考の扉が開いてきました。
Tumper

タンパーは今現在、REGBARBER 57.5mm Flat を使っているのですが、
果たしてこのままでいいのか?とか、ドーシング後のレベリングはどうしたらいいか?とか、
とても興味深いファクターなのですね。

Naked4

角度が悪いですが、これは良い感じの抽出!
久々に、エスプレッソ関連で可能性が開ける感覚を味わいました。
この場を借りて、加工に関係してくださった人々に感謝申し上げます。ありがとうございました!
そしてしっかりした検証を行うためには、適切に焙煎されたスペシャルティコーヒーが不可欠です。
それらが普通に手元にあることが本当に喜ばしいですね!本当に、いい時代だなぁと思います。
ではこれからもスペシャルティコーヒー消費の末端で、欠損の無い抽出に励むとしましょう!

Comments are closed.