【速報】鈴木バリスタ、WBC2012セミファイナル進出!

日本やりました!

丸山珈琲:鈴木樹バリスタ、ワールドバリスタチャンピオンシップ準決勝進出!!

54人のバリスタで行われた予選から、12人に絞られる準決勝に勝ち残りました!

以下の動画は鈴木バリスタの予選競技の模様。
見逃した方はぜひ!

Read more …

Word Barista Championship 2012

今年もこの季節が来ました!ワールドバリスタチャンピオンシップ(以下WBC)!!

World Barista Championship

今年はオーストリアのウィーンで行われます。日程は6/12~6/15。
SCAE World of Coffee 2012、年一回開かれるコーヒー関連業界の展示会イベントの一部ですね。

WBCの他にもカップテイスターズチャンピオンシップ、ワールドコーヒーロースティングチャレンジ、
ブリュワーズカップ等々、各種競技会の世界大会が開催されます。

SCAE World of Coffee Vienna, 2012

Read more …

東アフリカコーヒーの“ポテト”問題

コーヒーには多種多様で魅力的なフレーバーがありますが、

中には人にとって好ましくないフレーバーがコーヒーから出ることもあります。


(via from A Coffee Sleuth Delves into the Mystery of “Potato Taste”)

基本的にそういったフレーバーがあるコーヒーは買い付けの対象にならないことがほとんどです。なので自分が信頼しているロースターのものであればあまり顧客の立場からは気にする必要はないのですが、中には買い付け時にはわからないものがあります。それが、“ポテト”といわれるフレーバーです。

Read more …

最近のドーシング

今年に入ってから、ドーシングをこれまでと変えてエスプレッソを抽出しています。
どう変えているかというと、フィルターに落とした粉に一切触れない、という方法をとっています。
理由はいろいろありますがまずは以下、画像を使って説明します。
Read more …

なぜそのコーヒーを選びましたか?

英語ですが、とても興味深いエントリを発見したのでご紹介。

cleanhotdry ≫ Coffee Brands€

For the coffee boys @ home 2/2
For the coffee boys @ home 2/2 / wadem

「どんなコーヒーを扱っているか」という原料のことよりも、「自分の好みにあったローストをしているか」ということのほうが、顧客に訴えているのではないか、という話で、個人的にはとても興味深く読みました。

Read more …

“コモディティコーヒー”と“スペシャルティコーヒー”

このあたりでちゃんとしておかなければな、と思ったので、ちょっと固いかもしれないですが、「スペシャルティコーヒー」と「コモディティコーヒー」の話をしたいと思います。

下の画像は、よくフェアトレード関係の話題で使われている図。この図が示しているのは、コーヒー一杯の価格に占める、コーヒー生豆価格の割合です。コーヒー農家の収入になるのはわずか3円~9円とされており、これは安すぎる!等々言われるわけですが個人的にはそれくらいが妥当なところだとも思います。このあたりはカフェや喫茶店の諸経費を考えれば致し方のないことで、かつ本エントリーの主旨ではないので触れません。

今回お話するのは、この価格の決め方が、スペシャルティコーヒーとコモディティコーヒーでは違う、ということです。

※コモディティコーヒーは、「コマーシャルコーヒー」とも呼ばれることがあります。この呼称について個人的にはまったく謎なのですが、とりあえず本エントリーでは「コモディティ」の記述で統一したいと思います。

Read more …