Category Archives: カッピング

Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準

from Cup of Excellence official website!⇒ Cup of Excellence
Cup of Excellence [ カップオブエクセレンス ]とは、生産国各国(ブラジル、コロンビア、ボリビア、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、ルワンダ)で年1回行われている、スペシャルティコーヒーの品評会です。

国内での審査、国際審査員による審査を経てスコアづけ、順位づけをされ、全世界同時のインターネットオークションにおいて売買されます。
その売買金額はそのまま生産者に渡り、更なるコーヒーの品質向上や、農園の関係者の皆さんの生活改善に役立てられます。
カップオブエクセレンス・プログラムは生産者と消費者を結ぶ、素晴らしい品質を持ったコーヒーのための架け橋になっています。このプログラムをきっかけに、高品質コーヒーのマーケットが開かれてきた、と言っても過言ではないと思います。

その高品質コーヒーを正しく、客観的に評価するためのシートが、この画像のシートです。
Cupping Form

Read more …

09/04/24 第18回初級カッピングセミナー

日本スペシャルティコーヒー協会 HP
4月24日、第18回初級カッピングセミナーに参加してきました。
内容としては午前中はスペシャルティコーヒーについての熱い座学とカッピング1ラウンド、
午後は昼食後、簡単なコーヒーブレイクとカッピング2ラウンド、という流れでした。

Read more …

シルビオレイテ氏のスペシャルティコーヒーカッピングセミナー

08/12/16、伝説の14人の1人、
シルビオ・レイテ氏のカッピングセミナーに参加してきました。
今回はカリブレーション形式、
実際のCOEコンペティションの様に、何点から何点の人が何人、
という表を挙手によって作成し、ヘッドジャッジ、トップカッパーの評価とすり合わせを行い、
自分の評価を修正していく形式です。
1回目と2回目のカッピングセッション(午前中)は、
ブラジル08COEの1位、2位、3位のロットと、コマーシャルコーヒー4種の計7サンプルで、
1回目のカリブレーション後、並び/サンプルを変えずにもう一度セッションを行いました。
私のスコアはCOEの順位順1位、2位、3位の順で高得点がつけられたのでひとまず満足、
2回目はそれにプラスして点数/評価基準を合わせました。
before
1回目の表。結構バラツキあり。
表中赤丸はシルビオ氏の分布。私はそこにいたり、1個隣だったり。
昼食をはさんで午後、今度は順番を入れ替えてカッピング。
この回もCOEの順位順、国際審査員平均に近いスコアで終えられたので、
いつもの成果が出た、と、そういうことでしょう。
仲間と偉大な先人の皆様に感謝。
after
あれだけばらついていた表が3回目はこのとおり。
4番がCOE1位、最終的には私は95点つけました。
COEのトップロットは素晴らしいですね!
多様な風味特性、酸味特性にクリーンカップ、ウェルバランスド!!
Top of Top of Top of Topですね。
国内のトップからさらに国内審査員がより分け、国際審査員がふるいにかけ、
そして残った23ロットですからね。
その舞台に、いずれ立ちたいものです。
最後のセッションは今年のブラジルCOEの全ロットのカッピング。
上から採っていきましたが、上位は酸味特性が複雑でフローラル感があり、
抜群のクリーンカップですね。
しかし今年は8位まで88点over、正直美味すぎて違いは微々たるものです。
90点のラインはなんとなく掴めますが・・・
シルビオ氏はじめ講師の先生方、一緒に受講された皆さん、
サポートメンバーの皆様、本当にありがとうございました。
TOKYO TOWER
シルビオ氏の仰っていたことはほとんど全て腹で理解しています。
カッピング技術向上の機会が日常にあるのがありがたく、
素晴らしいことに思えますね!本当に。