Category Archives: カッピング

カッピングフォーム「フレーバー」

Cupping Form
Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準の補足その6です。
今回はフレーバーについてお話します。
■Flavor
フレーバー
this is a combination of taste (sweet, sour, bitter, salty and pungent) and aroma – or nose.
これは、味と香りの組み合わせです。
This is where a fine coffee can truly stand out as an elegant, and even forceful, expression of place terroir.
これはテロワールによるもので、これよって、コーヒーは本当に、上品で、時に力強くあることができます。
The judge must determine whether a coffee’s flavor profile is merely generic or a genuine expression of terroir brought out by the care of the harvester and the skill of the processor.
ジャッジはそのフレーバープロファイルの表現が一般的であるか、テロワールや農園の収穫や生産処理の能力によってもたらされた適切なものであるのか、区別せねばなりません。

+ character intensity distinctiveness pleasure simple-complex depth (possible notations: nutty, chocolate, berry, fruit, caramel, floral, beefy, spicy, honey, smokey…)
+ 強くほかと区別される個性、心地よさ、シンプルや複雑な深さ(ナッツ、チョコレート、ベリー、フルーツ、キャラメル、フローラル、たくましさ、スパイシー、蜂蜜、スモーキー、というような書き方が可能)

– insipid potato peas grassy woody bitter-salty-sour gamey baggy vegetal
- ジャガイモ、味気ない、草、枯れ、苦味、塩味、すっぱさ、腐ったよう、麻袋、野菜

Read more …

カッピングフォーム「マウスフィール」

mouthfeel
Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準の補足その5です。
今回はマウスフィール、口に含んだ質感についてお話します。

■Mouthfeel
口に含んだ質感
the tactile sensation imparted by a coffee.
コーヒーを口に含んだときの触感です。
Mouthfeel can include the perception of viscosity, density, weight, texture and astringency.
粘度、密度、重さ、きめ細かさ、収斂性(渋味)を含めることができます。

+ buttery creamy round smooth cradling rich velvety tightly knit
+ バターのよう、クリーミィ、丸い、スムーズ、豊か、ベルベットのよう、しっかり織られた編み物

– astringent rough watery thin light gritty
– 収斂性(渋味)、荒い、水っぽい、薄い、軽い、ざらつき
Read more …

カッピングフォーム「アシディティ」

acidity
Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準の補足その4です。
今回はアシディティ、酸の質についてお話します。
■Acidity
酸の質
this is what brightens a coffee.
これはコーヒーを輝かせるものです。
It gives life.
コーヒーに命を与えます。 
In wine it is often referred to as nerve (nervosit醇P in French), backbone or spine.
ワインにおいては、神経と言われ、味わいの背骨、軸です。
+ lively refined firm soft having spine crisp structure racy
+ イキイキしている、洗練されている、引き締まっている、
柔らかい、背骨がある、爽やか、構造的、独特の風味がある

– sharp hard thin dull acetic sour flabby biting
– 鋭い、硬い、薄い、無味乾燥、すっぱい、締まりが無い、刺激的である

Read more …

カッピングフォーム「スイートネス」

sweetness
Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準の補足その3です。
今回はスイートネス、甘さについてお話しします。
■Sweetness
甘さ
The sensation of sweetness correlates directly
with how uniformly ripe a coffee was when harvested.

収穫時にどれだけ均一に熟していたか、ということと密接に関連しています。
Sweetness is not entirely dependent on how much sugar is in the roasted coffee,
コーヒーの甘さは、コーヒーにどれだけ糖分が含まれているか、ということや、 
but also on other components which combine to create the impression of sweetness.
甘さが作り出す印象(フルーツやチョコのイメージ)にも依存しません。
+ ripeness sweet
+ 果物が熟した甘さ
– green undeveloped closed tart
– 未熟で、発達していなくて、すっぱい
Read more …

カッピングフォーム「クリーンカップ」

CleanCup?
Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準の補足その2。
今回は「クリーンカップ」についてです。
英文は最初の記事と同じく、
Cupping Form-Cup of Excellence
より。
■Clean cup
カップの綺麗さ
this is the basic starting point for coffee quality.
これはコーヒー品質のための基本的な出発点です。
Clean cup is complete freedom from taints or faults.
綺麗なカップは汚れや欠点がありません。
It is the transparency necessary for a coffee’s terroir to shine through.
コーヒーのテロワールがはっきり分かるために必要な透明性です。
+ purity free from measurable faults clarity
+(好評価) 測定できる欠点が見当たらないこと
– dirty earthy moldy off-fruity
-(マイナス評価) 汚れた印象、土のような印象、カビの香り、フルーティでない
Read more …

カッピングフォーム「点数の基準」

Cupping Form
9月25日に、Cup of Excellence のカッピングフォームと品質基準、というエントリを書きました。
ですが、ちょっと長くて具体性に欠けるなぁ、と思ったので、
連載、というわけではないのですけれども、少しずつ補足していきたいと思います。
今回は「点数の基準」について。
COE(Cup of Excellence)、SCAE(欧州スペシャルティコーヒー協会)、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカッピングフォームでは、同一の基準で点数をつけていますが、
クリーンカップ、スイートネス、アシディティ、マウスフィール、フレーバー、アフターテイスト、バランス、オーバーオールの8項目全てにおいて、0-8(実質3-8)点の範囲で客観的に絶対評価を行い、点数をつけます。
COEを受賞しているコーヒーは、この基準によって評価され、審査員の平均点が84点以上のコーヒーです。
おおよその点数基準は以下です。
Read more …