おうちコーヒーを何倍か美味しくする方法

LINEで送る
Pocket

おうちコーヒーを何倍か美味しくする方法琥珀色のウタカタExtractions&Distractionsという、コーヒーのネタを色々ポストしているタンブラーが
あり(英語)、面白いのでよく読んでいるのですが、昨日の“A Few Home Coffee Brewing Tips”、
日本風にいうなら「おうちでコーヒーを淹れるときのちょっとしたコツ」が、
個人的に1000%同意できる内容だったのでご紹介します。


Extractions & Distractions

おうちコーヒーを美味しくする5つのコツ

原典はこちら:Extractions & Distractions – A Few Home Coffee Brewing Tips

1. BUY FRESH, GRIND FRESH
Coffee stales after roasting, so if you want tasty coffee try to buy freshly roasted coffee in small amounts and use it within 2 weeks of the roast date. If you’re using pre-ground coffee, unfortunately it’s stale. Buying a relatively inexpensive grinder and grinding shortly before brewing will drastically increase the quality of your coffee.

1.新鮮な豆を買って、飲む直前に挽く
コーヒーは焙煎後から風味を失っていくので、美味しいコーヒーを飲みたいのなら新鮮なコーヒーを、2週間以内に飲みきれる量で買いましょう。
コーヒーを挽いてもらうとコーヒーの風味はすぐに飛んでいってしまいます。
高価なものでなくてもいいので、グラインダーを買いましょう。
飲む直前に飲む分だけコーヒーを挽くだけで、全然美味しいコーヒーになります。

ほんとにこれだけで、まったく別ものといっていいほどコーヒーは美味しくなります。
グラインダーは安いもので2 ~ 3,000円で帰る買えるもので、じゅうぶん性能のいいものがあります。
手前味噌ですがこのミルはかなりオススメです:Japan Porlex/“coffee mill” mini – THE COFFEESHOP/ONLINE STORE

 

2. USE FILTERED WATER
About 98% of coffee is water. If your water doesn’t taste good, neither will your coffee. At the very least try using a home water filter like a Brita or Mavea. If you use bottled water, try to find one that is labelled “Drinking Water”. If it’s “Mineral Water” or “Spring Water” usually the mineral content is too high for ideal coffee brewing.

2.ろ過した水を使う
コーヒーの98%は水です。水が美味しくなければ、コーヒーも美味しくありません。最低でもブリタやMaveaでろ過した水を使いましょう。
ペットボトルの水を使うのであれば、“Drinking Water”と書いてある水を使いましょう。“Mineral Water”や“Spring Water”と書いてある
水にはミネラル分が多く含まれているので、コーヒーを淹れるには不向きです。

日本だとほとんどの地域の水道水がミネラル分をあまり含まない軟水の地域なので、
あまり気にしなくてもいいかな、と思います。水道水が硬水の地域にお住まいの方は、
できればフィルターを通して軟水化したほうが、コーヒーは美味しく淹れられると思います。

 

3. MEASURE ACCURATELY
A $15-20 digital gram scale can help you be much more accurate with measuring coffee and/or water. I would recommend using a 1:16 coffee-to-water ratio to start with and adjust to taste. That means 1 gram of coffee for every 16 grams of water. Or if you want to work in ounces, 1 oz coffee per 16 oz water.

3.正確に計量する
1,000円くらいのでいいので、デジタルスケールを用意しておくと、コーヒーや水の量を量るのが捗ります。
コーヒー:お湯の比率は1:16(コーヒー1gに対して水16g)から始めて、味をみながら調節するのをオススメします。

コーヒー初心者の人ほど、しっかりコーヒーの量を量るのが、コーヒーを美味しく淹れる近道だと、
私からも強くオススメします。1:16の比をよく使う数字に置き換えると、コーヒー10g:お湯160ccですね。
他には“水1リットルに対してコーヒー60g”という比率もよく知られています。
これだとコーヒー12g:お湯200ccです。どちらにしても、これはひとつの目安に過ぎません。
まずはこの数字に従ってやってみて、好みに合わせてコーヒーの量を増やしたり減らしたりして調節するのがいいと思います。

 

4. PRE-HEAT, DON’T OVERHEAT
Unfortunately, a lot of automatic home coffee brewers employ a warming plate. After coffee is brewed, heat only degrades the flavor. So this is really not going to result in good coffee. A good alternative is to use a thermal carafe and pre-heat it before you brew into it. Also, if you’re using an automatic coffee maker it’s a good idea to run 12-16oz of water through it (without coffee) to get everything pre-heated before you actually brew your coffee.

4.事前に器具を温めること。でも温めすぎないこと。
コーヒーメーカーには、抽出したコーヒーを温かいままにするためのヒーターがついています。
しかしずっと高い温度で保たれてしまうとフレーバーが感じられなくなっていくので、できれば保温性能のあるポットを、
コーヒーの抽出前に温めておくのがいいでしょう。全自動コーヒーメーカーを使っている人は、コーヒーを挿れる前に
300 ~ 400ccのお湯で湯通ししておき、お湯の通り道やポットを温めておくようにしましょう。

夏場はあまり関係なかったりしますが、冬場は器具がおもいっきり冷えているので、抽出温度を
必要以上に下げてしまわないためにも、器具を温めておくことは重要です。

 

5. TASTE, ADJUST, REPEAT
There are 4 basic directions coffee can go: weak, strong, sour, bitter.
If your coffee is too weak, use more coffee in your ratio.
If your coffee is too strong, use less coffee.
If your coffee is sour, grassy or vegetal, try a finer grind.
And if your coffee is overly bitter, try a coarser grind.
Learning to make these adjustments will help you make and enjoy better coffee at home.

5.味わって、調節して、繰り返す
コーヒーの味には、薄い・濃い・酸っぱい・苦いという、4つの基本的な方向があります。
もし薄すぎるなら、コーヒーの量を少し増やしてみてください。
もし濃すぎるなら、コーヒーの量を減らしてみてください。
もし酸っぱかったり、草っぽかったり、野菜のような味がするなら、コーヒーを細かく挽いてみてください。
もし苦すぎるようなら、コーヒーを粗く挽いてみてください。
これらの調節方法を学べば、家のコーヒーをもっと美味しくすることが出来るでしょう。

この記事ではコーヒーの量で味の濃さを、コーヒーの挽き方で味の出し方を調節することを
すすめていますね。個人的には細かくすることで濃く、荒くすることで薄くすることもできる
と思いますが、これはこれでわかりやすくてアリだと思います。
基本の割合である1:16や60g:1リットルというところからまずは始めてみて、
実際の味をみながら好みの味に近づけていく、という作業は、慣れないと最初は
難しいですが、引用しているようなわかりやすい指標があれば、かなり助けになると思います。
参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

Enjoy Home BrewingCoffee

新鮮な、美味しいコーヒーがあれば、いわゆるコーヒー屋さんの味よりも
自分の好みにあった美味しいコーヒーをおうちで楽しむことは難しいことではありません。
自分の好きなコーヒーと好きな抽出器具で、おうちコーヒーを楽しんでもらえたら嬉しいな、
と私も思います。

お店の人(私が店に立ってるときはお客様)とあーだこーだ言いながらコーヒーを選んだり、
抽出方法の話をしたり、というのは、私にとってこの上なく楽しい時間です。

コーヒーを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

question razz sad evil exclaim smile redface biggrin surprised eek confused cool lol mad twisted rolleyes wink idea arrow neutral cry mrgreen

*