海外のロースターからコーヒー豆を購入する!

LINEで送る
Pocket

海外のロースターからコーヒー豆を購入する!琥珀色のウタカタTerroir top
※リンクはTerroir Coffeeのトップページ
初めて海外からコーヒーを購入したのは、2008年、George Howell Terrior Coffeeからでした。
George Howell’s Terroir Coffee – 琥珀色のウタカタ
201101Terroir
2011年1月のコーヒー
先月Terroir Coffeeからコーヒーを購入したところとある方からメールを頂き、
海外からコーヒーを買う際に注意することをお聞きしたいとのことでした。
考えてみたところ、Blog上でこのような話はまったくしてこなかったので、
このエントリーにて、その方への回答にしたいと思います。
また、これから海外のコーヒーを購入したい、とお考えの方にも役立つと思います。
今回のエントリーは、Geroge Howell Terroir Coffeeの場合でお話しようと思います。
他のロースターの場合でも、ほぼ同様の手順で登録、買い物ができます。
※注意
以下の登録から注文まで、私は手順を紹介しますが、
実際の登録~注文は、ご自分の責任においてお願いいたします。

Terroir joinnow
※画像のページへリンクしています。

■準備するもの
・メールアドレス
・任意のパスワード

これらは住所等のアカウントを登録する際に必要なものです。
・クレジットカード
これがないとほぼ決済ができません。
それでは登録フォームへGoです!

トップページ右上、Your Accountから、右側のNot a member?側、
Join Nowのボタンから登録開始です。
Terroir createaccount
※画像のページへリンクしています。
■メールアドレス、パスワード
メールアドレス、パスワードを記入します。
パスワードは確認のため2つの入力欄があります。まちがえないで!

■名前の登録
ローマ字でOK。
First nameは日本語でいう名前です。

■電話番号
私は携帯の番号をそのまま入れてしまっています。
ほぼかかってこないので、適当で大丈夫です。

■海外(英語圏)の住所と日本の住所の違い
最初の難関が、この住所欄でしょう。
日本の場合、
郵便番号→都道府県→区市町村→町名・番地→アパート名等
この順番ですが、海外はほぼその逆になります。
つまり、
アパート名等→町名・番地→区市町村→都道府県・国名→郵便番号
この順に記入します。
郵便番号はアメリカならZip Code、他の国だとPostal Codeといい、
日本のものがそのまま使えます。
NationやCountryの欄へ、日本を表すJP(jp)と入力、
もしくはチェックボックスでJapanを選択するのをお忘れなきよう。

■Shipping adressとBilling adress
Shippping adressは荷物の送付先、
Billing adressは請求書の送付先です。
一緒でOKなので、チェックボックスにチェックを入れましょう。

■クレジットカードの登録
日本国内で通販をする場合とほぼ同じです。あまり迷うことはないでしょう。

■その他
メールマガジンの登録フォームがあれば登録されることをおすすめします。
様々な情報が配信されてきます。
さて、ここまで入力してSubmitのボタンを押せば登録完了です。
メールアドレスに間違いがなければ確認のメールが届きます。
URLをクリックしてサイトにログイン、お買い物の開始です。
Topページのタブ「Store」からどうぞ。

■お買い物
Terroicoffeeshopping
■単位が違う!
通貨単位も勿論ですが、重さの単位も違います。
日本はグラムですが、海外はlbs・oz(ポンド・オンス)を用いて表記しています。
1pm≒450g、1oz≒28gです。
だいたいはコーヒー豆一袋12oz≒348gまたは8oz≒226gで販売しています。
通貨単位は日々変動しますので、為替相場を確認するようにしましょう。

■豆のまま=?
豆のままを表すのはWhole Beanです。
QTY=quantity、量で、要は個数ですね。
add to cart等と記載されたボタンを押せば、買い物かごに入ります。
さて、買い物かごに目的のコーヒーは入りましたか?
では決済しましょう。決済はcheck outから。
先程登録した住所をそれぞれ選択し、決済するカードを選択します。

■送料
最後に送料ですが、ここで表示されている送料は国内向けのもので、
日本への発送にはもう少し送料がかかります。
前回のTerroir Coffeeの場合、$21がかかりました。
これは注文したコーヒーの量にも左右されます。
多く頼んで荷物が大きくなれば、もう少し送料がかかることもあります。

■到着までの日数
海外の場合、この日数がかかるのが悩みどころです。
Terroir Coffeeの場合は10営業日ほど。
前回は日本時間2011年1月10日(月)に注文して、1月18日(土)に到着しました。
しかしそれでも素晴らしい風味特性を保持していました。
夏場はもしかすると、劣化が激しいかもしれません。

■Enjoy!
おおよその登録~注文の流れは以上です。
慣れてしまえば意外に簡単なので、必要以上に恐れることなく、
チャレンジしていって欲しいと思います。
日本では飲めないようなコーヒーがあること、これが海外ロースターの魅力です。
ぜひぜひ楽しんでくださいね!!

Comments are closed.