Category Archives: 抽出方法

シングルオリジンエスプレッソで気づいたメッシュの法則

私はシングルオリジンのコーヒーをエスプレッソにするのが好きです。
焙煎度合いはほとんどどうでもよく、コーヒーの特徴を生かしている焙煎であれば、
どんな焙煎の豆でも(合う合わないは別として)エスプレッソで抽出しています。

シングルオリジンエスプレッソを抽出するようになってもう4年といったところ。
そしてMAZZER MINIを使うようになって 3年になろうとしています。
一日の中でも複数のコーヒーをエスプレッソで淹れようと思うと、
何度もメッシュを調整する という手間から逃れることはできません。
side shot
side shot / journeyscoffee

もちろん私も何度か失敗することを繰り返して最適なメッシュに合わせるのですが、
一年のコーヒーのサイクルでコーヒーごとの特性が徐々に見えてきたせいか、
この失敗を減らすことに成功している感があります。
ここ何年かの経験でわかったことを、今回はご報告しようと思います。
Read more …

“コーヒーを自宅でいれる時に陥りがちな7つの落とし穴”に1つの反論

自宅でコーヒーを楽しみたい、でもよくわからなくて…
という人のためのブログエントリはそれこそ星の数ほどあります。
私もいくつかそんな記事を書いています。
ネットでRSSリーダーを駆使して国内外さまざまな記事を読むのが日課でほとんど趣味みたいなものなのですが、ちょっと気になる記事がありましたので引用して紹介します。

Read more …

エアロプレスのレシピ “インヴァート”

以前、エアロプレスの抽出方法についてこんな記事を書きました。:エアロプレスのレシピ

いやー、エアロプレスって面白い!
上記リンクに記した抽出方法はいろんな人に試してもらっているようで
結果も上々、書いてみた私としてもとても嬉しく思っています。

Read more …

欧米でも「日本式アイスコーヒー」流行中?

◆日本のコーヒー、欧米のコーヒー
欧米も日本も、コーヒーという文化があることは共通していますが、
欧米は高品質コーヒー生豆、サステイナブルなコーヒー生産援助、環境配慮等、
コーヒーの本質に根ざした部分で先行しているのに対し、
日本は喫茶文化、抽出技術文化で先行している、というように個人的には考えています。
日本の高品質コーヒーの世界は、そのせいで少し遅れをとっているところもありましたが、
ここ数年の海外のコーヒー界を見ていると、日本で当たり前だったハンドドリップ(PourOver)、
サイフォン(VacuumPot)といったコーヒー抽出が、いってみれば逆輸入されるような形で
流行しているようなフシがあります。

Read more …

コーヒーの品質はどこで測る?

◆コーヒーの品質評価
cuppingyomoyama
コーヒーの品質を測る基準は、大きく二つあります。

1.SCAA方式
アメリカスペシャルティコーヒー協会の提唱するフォームを用います。
80点以上がスペシャルティコーヒーです。
主として生豆の品質、大きいロットの
スペシャルティコーヒー/コモディティコーヒーの
線引きをするのに役立ちます。

2.COE/SCAE/SCAJ方式
カップオブエクセレンスで用いるフォームに準じています。
80点以上がスペシャルティコーヒーです。
主としてコーヒーのカップ(抽出された液体)の品質、
小さなロットの、トップオブトップを発見するのに役立ちます。
細かいフォームの違いはあれど、コーヒーの品質はこのどちらかの
指標を用いて判断されることがほとんどです。

私がコーヒーの品質について語る基準にしているのは、後者のCOE方式です。
理由を以下に述べます。

Read more …

エアロプレスのレシピ

【お知らせ】THE COFFEESHOPのエアロプレスの抽出方法はこちら!↓
エアロプレスのレシピ “インヴァート” | 琥珀色のウタカタ

先日のブログでも公開したのですが、THE COFFEESHOPで働くことになったとき、
どうしても自分で入手して検証したい抽出器具がありました。
それは、“エアロプレス”。
media_httpimagesinsta_edqFv.jpg.scaled500

Read more …

”Brew Methods”が半端ない充実具合になっている件

Brew Methods ― Home
Brewmothods2
少し前にも紹介したのですが、北米、欧州のロースターが
推奨している抽出メソッドを紹介するまとめサイト、“BrewMethods”が、
ずいぶん沢山のメソッドが集まって充実してきています。
オススメは動画が紹介されているもの。
ぶっちゃけ英語がわからなくてもなんとかなります(笑)
いくつか分かりやすい、私がおすすめのものを紹介します。
Read more …